九州国立博物館

太宰府より発信しています。

今日は天気がとても良かった。滋賀も天気が良くて気持ち良い日だと電話で友人に聞いた。

九州国立博物館の建物

屋根が緩やかな流線型で、気持ち良い、馴染んでいると云う事かな、と思います。

空の蒼さの変化によって屋根のメタリックなブルーも変色して見える。(そう云う塗装なんでしょうか?今度確かめたら追記します。)

建物側面のミラーは周辺の木々や緑を写す、など、素晴らしいなぁ、と思います。近所なので、しょっちゅう見ますが、屋根の掃除は見た事が無いのに、、今日は特に光って見えたんですが、掃除はしてるのかな?出来るのかな?という点も、気になりました。美しい建物、国立だから体感出来る展示、日本人なら、一度は行っておきたい魅ドコロではないでしょうか?

直結の太宰府天満宮も季節毎に違った表情を見せてくれる超癒しスポット。ほっこり散策して下さい。梅の枝に小さな蕾が芽吹いています。もうすぐ2018春、、

—–

タグ: