ITADAKI → ITTI

太宰府より発信しています。

東京の友人Mr.AOKIからステキなプレゼントを受け取りました。新年早々にサイフ/宰府を!!太宰府でモニターとして使用報告等もさせて頂きます。重ねて、先代の長財布もかなり使わせて頂きました! Mr.AOKI いつもありがとうございます。

表題は、彼のブランドITADAKIが名前をITTIに刷新され、マスマス飛躍しているという、、このブランド、呼び名はイッチ。 カタいデザインの紳士物のステーショナリーやバックの概念をぶっ壊す(イイ意味で)のPUNKSブランドとしてその名を馳せていますよね。同世代なので、奇抜でも受入れ易い製品がいっぱいで、展示会も楽しかったなぁ。コレクションも面白い 2017FW itti-tokyo. チェックしてみて。

僕は服飾が好きで、市場の裏表共にチェックしますが、Mr.AOKIの作った製品、実は結構持っている事に、書きながら気付く、、、

DAYPACが3個、特注TOTEが2個、財布が2個、シューズが一足。あと本クロコの名刺入れ、、顧客やん。今でも愛用させて頂いています!過去にも、自身のブランドで別注や、生産をお願いしたりもして。ありがとう。

ITTIの製品は革選びがよい。デザインがおもしろい。職人がよい。の3拍子揃いです。

officialsite itti-tokyo.jp

彼のブランドは【ペリンガー社】のレザーを縦横無尽に使いまくる。【ペリンガー社】は、1864年にドイツにて創業、カーフ専門のクロム鞣し技術伝統を持ち、原皮に対する強いこだわりから、牛を育てる環境や飼料にまで厳格な選択眼を光らせた素材作りをしています。高度な技術と品質だけでなく、環境に配慮した優良タンナーでもあることからも、 ヨーロッパにおいて高い評価を得ています。世界の名だたるトップブランドがこのペリンガー社の革を使用します。エルメスとか。。

—–NEW_YOAKE_POST

&nbsp