ナノ。Nanotechnologyって

太宰府より発信しています。

ナノってなんナノ?

ナノ(nano, 記号: n)は国際単位系 (SI) における接頭辞の一つで、以下のように、基礎となる単位の 10−9倍(= 十億分の一、0.000 000 001 倍)の量であることを示す。
———————————
1 ナノメートル = 0.000 000 001 メートル
1 ナノ秒 = 0.000 000 001 秒
———————————
1960年に導入されたもので、ギリシャ語で「小人」という意味の νάνος (nanos) に由来する。ナノより小さい単位も制定されていて、面白い。漢数字表記の「刹那」や「清浄」とは何なのか? 少し宇宙感があるじゃないですか?

ナノ化ナノ化ってナノ化とは何ナノ?

「ナノ」とは、「センチ」「ミリ」など、数の単位の一つで、10億分の1を表しています。つまり、1nm(ナノメートル)は、10億分の1メートルです。めちゃ小さい。そして「ナノ化」とは、物質をとても小さくする技術のこと。小さくする必要があるのか?実は、人間の肌の細胞は、250ナノメートルより大きい物体を通すことができません。そのため、従来の分子が大きな物質では、有効成分が身体や肌の表面にとどまってしまうこともあった為。そこで、分子をナノ化し細かくすることによって、有効成分を身体や肌の奥まで行き渡らせることができるようになるのではないか?という事です。理論上のお話です。が一部は証明されたり、医療分野、化粧品、サプリ分野で進行中です、ナノ化により、私たちの元来備わる免疫ブロックやバリア機能に対し、何もかも通ってしまうので、危険では?といった意見やレポートもあります。実際は入り込んだごく微小の物質が体の内部でどのような挙動を示すのか、まだよくわかっていません。しかし近年、動物実験でナノ材料の安全性が疑われる結果が相次いで報告されています。ナノ化といったフレーズやマーケティングに氣を付けて、高い意識の目線を持ちましょう。

化粧品へのナノ化の応用いろいろ

wiki ナノ解説はこちら

ただ、マホラマが検証しているライフワーク的なゼロ磁場な観点から云えば、、

※ 物質が、どんなに小さくなろうとも、電気や磁気が関係し、それに伴い酸素や炭素が集まってしまうため、物質のサイズはナノのままでは存在出来ないのではないか?


※ 現在の科学では磁界の証明が容易くない、そして更にゼロの磁場になれば、計測不可に近い、と云う事。ただ理論、体感上で、ゼロ磁場は存在を証明しているとも云えるが、


※ ナノ化した成分が身体の何処まで浸透して、どのような影響があるかは未だ未知。しかし、大手メーカーや企業により、世界を席巻しているフレーズや技術。

そして、ナノ化の植物ミネラルサプリ!!

フランスから、メディカルサプリ。結局、ナノ小さいから、細胞核まで植物ミネラルが浸透して行きます。と云う事。けっこうマジメな感じの会社です、僕は試していませんが、植物ミネラルは気になるワードで、コーシャー認定とか、気になりますね。信頼出来る知人に勧められたので、MEMOします。

SANKI NANOTECHNOLOGY

色々と考えると、、ナノサイズって既に3次元ではなく3.5次元以上なのかもしれませんねー。

—–NEW_YOAKE_POST
いつもありかとう!