POST TRUTH

POST TRUTH


post-truth

2016年の英語圏での流行語大賞のようなものに選ばれた言葉が「post-truth」でした。真実の後、真実の向こう側といった意味合いです。
意味が漠然としている感じもして人によって解釈の幅がある、新しい言葉ですが、おおよそ以下のことを意味します。日本では馴染みない言葉ですが、社会状況としては馴染みがあります、といった体感でしょうか。まさに現代といえるのでは。良いも悪いも無いとして。

ここでのpostはラテン語で「~後」「~の次」を意味する言葉です。
ポスト安倍政権、ポストモダンなど、何かの次、後に続く概念を指します。
2016年に話題になったトランプ大統領の選挙やEU離脱問題では、真実が何であるかより、言葉がどう伝わったか? に重きがおかれて、真実が軽視されていく時代だったという意味です。

ドナルド・トランプがわかりやすい扇情的な言い回しで人々を煽り、人々は事実がどうであるかよりも、言葉に動かされてしまう。
また読む人にとって読むのが心地良い偽のニュース(フェイクニュース)が広まったきっかけでもありました。
こういった真実を越えた世界、真実が重視されてきた過去の時代からその次の時代に入っているのではないか? といった部分が大賞の選出理由になっているようです。

We live in a post-truth era.
我々はポスト真実の時代にいる。
The opposition complained about the use of post-truth politics.
反対者達は、ポスト真実の政策を選挙活動に使うことに不満をいった。